WAFで支えるWEBアプリケーション保護|インシデントゼロ作戦

IT

アプリケーションを守る

システム

WAFはWEBアプリケーションに特化したファイヤーウォールで、様々な攻撃がある中WEBアプリケーションを標的にした攻撃を効率的に防ぐことができます。WAFの導入は常識になっています。

Read More...

プラットフォーム依存なし

システム

WAFはOSやPCなどのプラットフォームに依存しない利用をすることが出来ます。そのためWEBサーバーのセキュリティーを向上させることができ、安心したサーバー運営を行なうことができます。

Read More...

それぞれの利点

システム

WAFにはアプライアンス型とクラウド型の2つの利用ができ、それぞれで特徴が変わってきます。クラウド型は導入が簡単ですが、種類が少ないです。アプライアンス型は導入が面倒で、種類が豊富にあります。

Read More...

価格で選ぶ

証明書を発行してくれるから安心。機密文書の処理を依頼するなら、PCやディスクの処分も対応している專門会社に依頼しよう。

WAFの導入、運用はコチラにおまかせしましょう。Webアプリケーションの脅威からしっかりと守ってくれる製品がありますよ。

システム

セキュリティーインシデントをゼロにするべく多くの企業では専門の部署を構え、セキュリティー対策を行なっています。しかし様々な入り口のあるデジタルの世界でインシデントをゼロにするというのは現実上不可能な話で、オフラインでもウイルス感染することが出来る時代では、如何に被害を最小限にするかが求められています。セキュリティー対策方法は沢山あります。1番高いセキュリティー対策方法は電源に繋がず、強固な倉庫にでもHDDを格納することでしょうが、実際そんなことは出来ません。ほとんどのPCが常時稼働し、常にネットワークにつながっている現状ではネットワークからのウイルスなどの攻撃を上手くキャッチし、追い出すという方法が一般的にとられます。WAFなどはファイアウォールを施した上で利用するセキュリティー対策方法の1つです。ファイアウォールをくぐり抜けてきた攻撃を受け止める機能を持っていて、WEBアプリケーション被害を最小限に食い止めます。WAFを導入するにはクラウド型のサービスに登録するのが一般的で、その種類はたくさん存在しています。
クラウド型WAFを提供している業者を利用する時はまず価格に注目して選んでおきたいでしょう。クラウド型のWAFを利用するということは比較的システム規模が小さい時が多く、システム規模が小さければ小さいほどリーズナブルなプランに加入することが出来ます。相場の価格は月数万円から数十万円で利用することができ、小さい規模であれば数万円程度のWAFで問題ないでしょう。各サービスの機能はそれほど大差はないです。ただ対応できる攻撃の種類についてはよく確認しておくべきでしょう。その理由として各サービスで対応している攻撃に差があり、利用してみて初めて攻撃に対応できないと気づくと意味が無いからです。セキュリティーレベルやどの程度の評価があるのかもチェックするべきポイントでしょう。またシステムの変更が必要なのか、また専門の知識を持った人でないと操作できないのか否かも調べておく必要があります。意外と見落としがちなバージョンアップの有無や更新頻度についてもチェックするべきです。WAFは基本的にWEBアプリケーションに被害を及ぼす攻撃を検知する能力を持っていますが、攻撃の仕方は何時も一緒ではなく、セキュリティーが進化しているように常に新しい攻撃方法が生まれています。そのためWAFで対応できなくなる恐れがあり、それを防ぐのがバージョンアップデートです。緊急パッチなどと呼ばれることもありますが、こういったサービスが無ければ徐々に高価を失っていくことになります。